2018年10月15日
Category:社長日誌

突然の出張で見えたこと、思い出したこと

  「このマンションに住んでる人って何人いるんだろう。この人たちに一年に一回ずつ身欠きにしんを食べてもらえたら、ウチらの仕事は十分に成り立って行くのになぁ。」

  もう何年も前に、同業者の大先輩が車窓で呟いたその言葉がずっと胸に刺さっています。

  10月14日日曜の晩に、とある緊急出張で東京にいました。

  羽田空港に夜中に降り立ち、京急線で品川へ品川から山手線で移動する間、深夜なのに十分過ぎるほどの乗客と、窓の外に流れる街明かりをボーッと見つめながら、あの頃の先輩の言葉を思い出していました。

  ・・・いやー、すげー人多いな。


  世の中はスマホ時代が到来。

  以前からは信じられないほど簡単に料理レシピが手に入るようになりました。当然、その中に身欠きにしんの料理もあります。


  しかし、身欠きにしんの消費は伸びません。


  当たり前ですよね。

  世の中に増えたのは「身欠きにしんの料理レシピ」よりも、その他、もっと簡単でお手頃な食べ物のレシピの方が圧倒的に多いのですから。

  それでも私は考えるわけですよ。

  先輩があの時に呟いたことを実現するにはどうしたら良いかと。


   間違いないんですよ、たくさんの人に食べてもらえて始めて私たちは世の中にニシンの、あるいはこの地域の食文化をお届けするという貢献が果たされるのですから。

  欲しいお客様に届いて、お金を頂いて始めて「商品」。
  
  出発がどこからで、到着がどこなのか。

  このシンプルな行程表のようにわそれが分からないと商品もお客さんも、迷子になってしまうんですよね。

  模索しています。


   福原のニシンは世界を変える。
   福原はニシンで世界を変える。


  しかし迷子にもなるし、その先が近いのか遠いかさえ分からない。

  でも、歩くよ。

296C8B02-092E-44B7-9A9A-F0D8130C705C.jpeg
posted by (有)マルコウ福原伸幸商店 at 13:13 | 社長日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする