2017年10月19日
Category:社長日誌

北海道フェアin代々木「進撃のにしん2017」準備と結果まとめ A

 今回のイベント参加は本業である加工を従業員に任せての物見遊山(ものみゆさん・・・遊びに出かけること。知見を広げる意味もある。)の側面もそれは否めないけれども、飽くまでも出場目的はふたつ。

 
(ニシンの加工品を受け継いで広げようとしている)マルコウ福原伸幸商店という存在をお客さんに知ってもらう

 ・イベント単体として黒字を目指す
 

 
 まずは
 ・(ニシンの加工品を受け継いで広げようとしている)マルコウ福原伸幸商店という存在をお客さんに知ってもらう

 準備 
 ・余市がニシン漁で栄えた地区だという歴史を知ってもらう
  ➡(視覚)分かりやすく「余市は海のそば」「ニシンが魚であること」「網で捕らえたこと」などをイメージしてボードで説明を試みたが、立ち止まって見て行く人はかなり少数でも、無いよりはずっと良かった。
 IMG_5140.JPG

 ・ソーラン節がニシン漁の「作業歌」であることをイメージしてもらう。
 ➡(聴覚)小型スピーカーでソーラン節をリピート再生。聴覚に訴える。かなり効果的だったと考えられる。

 ・ニシン漁の雰囲気を出すため、町役場から大漁旗とニシン漁の船頭さんの衣装を借りて使用。
 ➡(視覚)雰囲気を作り出す意味でこの上ない演出となった。
IMG_5162.JPG

 ・ニシン加工品のなりたちを伝えるため、紙芝居形式のポップを作成。
 ➡(視覚・聴覚)どのタイミングで使えば良かったのか、お客さんの足を止めることができず、使用せず。
IMG_5075.JPG

 
 はい。

 店舗の装飾ひとつとっても、イベントのプロの皆さんはデザインのプロにやってもらっているわけです。

 ボーっと眺めているだけでは気づかないような、視覚・聴覚・嗅覚を刺激するさまざまな仕掛けが施されている中に、こちらは上の画像を見てもお気づきの通り「手づくり感満載!学校祭のノリ」で突っ込んで行くわけです。

 それでも!

 そこに至るまででさえも、さまざまな葛藤があったわけです。

 
 「歴史を伝えるなら、あの商品とあの商品は持って行こう。」
 「あ、この商品は日持ちが難しいから東京の暑さでは無理だな」
 「でも、これは伝えたいな」
 「よし・・・こっちもどうにかして・・・」

 と、

 毎日が葛藤です。

 そのうち、何をしに行くのか方針がブレてくるわけですよ。

 で、

 そんなとき「外側から見てくれる」仲間たちに相談しました。

 そう。東京への進出が決まってすぐに「助けを求めた」際に手を挙げてくれた仲間たちです。

 親戚・同級生・さらに同級生の友達、同僚・・・と、

 それはそれはとんでもないパワーが私たちを支えてくれていたのです。

 IMG_5065.JPG

 日々、ブレて行く私たちと「外側から見ている」はずなのに、いつの間にか「こちら側」の風合いが強くなっていく仲間たち(笑)。

 山ほどあるんだッ!!

 お客さんに伝えたいことは。

 歴史ッ、こだわりッ、レシピッ・・・
 どれも大事で、どれも伝えたい。

 やってるうちにどんどんそれが増えて行く!!!

 け・・・削れないッ・・・困った

 でも、簡潔に文章を少なく、かつ伝わるように伝えなければッ・・・

 そうして事前準備の「素材づくり」は、出発前夜の深夜まで行われました(笑)

 現地に到着して迷うことなく設営作業にとりかかれたのは、ちゃんとそれまでに「設計図」を描いて、みんなの協力と実際に現地での買い物を含めた調達があって、自分たちでもできる限りの素材を揃えて行ったからにほかなりません。 

 準備万端ッ!!

 そして、その結果は上記の赤で記したとおりということでした。


 次回は「イベント単体として黒字を目指す」の方について書いておきます。 
posted by (有)マルコウ福原伸幸商店 at 09:53 | 社長日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする