2018年04月21日
Category:社長日誌

冷静にニーズを捉えるために

 「長く続けて来てさまざまな経験をしてきたのだから、自分たちや自分の会社のノウハウはその分野に於いて他を圧倒する」

 という思い込みを捨てることにした福原ですw。


 長く続けるということは大切なことかも知れませんが、それを続けられるだけの「自動化」「省力化」「簡略化」がその経過で行われるのが普通ではないでしょうか?それを「改善」と呼びますが「改善」されるということはその前に問題点があったからであり、その問題点は改善されてしまうと見えなくなりやがては改善後の状態が習慣化され、さらに改善の上塗りが進みます。
 
 その変化の過程を知らない者がすでに「出来上がった状態」で仕事を引継ぎされると、極めて楽な状況下で自らが判断する場面が少ない状態となった後に、それをまとめたマニュアルで仕事を覚えることになります。それは合理的であると同時に危険であると思うのです。

 
 ・・・とか。

 ビジネス書みたいなことを書き出しですが(笑)


 それをそう痛感するような出来事が自分に起きたということで・・・💦。



 長年続いて来た商習慣というものがどこの業界、どこの会社にもあるかと思います。
 それに疑問を抱くのもバカバカしいほど「当たり前」になってしまっている、その習慣です。


 だから、気付かないんですよ。


 私は他の仕事を経験せずにいきなり #水産業界 #干物・乾物 #にしん #身欠きにしん #糠にしん #にしんの切りこみ #伝統食材 #伝統料理 と、ハッシュタグをつけるとしたらこうしたかなり偏りのある業界に入り、この業界の商習慣に馴染むのにも時間が掛かりましたが、馴染んでしまい思考停止になっていた期間も長くなっていました。

 
 なにを痛感したか?と言えば、

 @「にしんだって自然の恵み。獲れない時には獲れない。」
 A「漁獲高が少ない=にしんの値段が高くなる=身欠きにしんを高くせざるを得ない。」

 B「お客さんは゛このモノはこの価格”というイメージの枠をオーバーするものは、よっぽど必要とかよっぽど好きじゃない限りは買ってくれない」


 ね。

 身近に例えれば・・・

 コーラの原材料が値上げされたからコーラ500ml、150円で売ってたのを180円に値上げになりますよ〜ってなったとして。
 ファンタやガラナが今まで通りの価格で売られていたらどうなの?よっぽど好きでないとコーラ買わないよね〜?って話ですよね。


 ってそういう、身近な話に置き換えれば単純なことも、自分たちがやっていることだと全く見えない物なんですよ。


 怖いですね〜
 恐ろしいですね〜


 で、ちなみに他の食品のことを考えてみてください。

 お客さんの「このモノはこの価格」というイメージを逸脱しないように、うまい具合に調節してますよね。内容量を。


 10年前は500gで200円だったヨーグルトが、数年前は450gで200円、今では400gで200円になってます。
 これは計算すれば実質500gで250円になったよって話で・・・そういうことなんですよね。

 
 
 冷静にニーズを捉える とかタイトルに書きましたけれど、
 ニーズって

 「それを欲しいな〜、食べたいなぁ〜♡」


 って気持ちと同時に


 「1パック、〇〇〇円だったら」


 っていう、結構細かいのが隠れているんですよね。

 
 さらに

 「料理するのと、片付けが簡単」

 「生ごみが出ないような」

 「食べ残しが出ない程度の量で」


 みたいなのも隠れてますよねw。


 
 それが「最大公約数のニーズ」だと、仮に気付いていたとしても冒頭に書いた

 「長く続けて来てさまざまな経験をしてきたのだから、自分たちや自分の会社のノウハウはその分野に於いて他を圧倒する」

 という思い込み

 が悪い方に作用して、先に進む方向性を阻害したりします。
 思考停止に感情論が加わると、もう手のつけようがありません。


 「昔からそうなんだから、それがイイに決まってる」

 「昔の常識が通用しない時代になった」

 「昔はこうだったんだ。今がおかしい」

 
 でも。


 その おかしい時代 に、私たちは生きて行く道を模索しなきゃいけないんですよね。
 商売やってりゃなおのこと『懐疑的な時代の変化』を見つめなければ、対応することさえできないですよね。


 だから、なんでもそうやって「昔からこうだ」ってのを鵜呑みにしないで、ひとつひとつ検証して、理に適っている部分を時代を考慮してお客さんの声に合わせて変化させながら、やって行きましょうねって話です。それはマニュアルには出て来ない話だよねって、そういうことです。


 でも面白いですよね。

 そうして時代に合わせた「自分のスタイル」を確立すると、今度はそれを頑なに守ろうとして次の変化に間に合わなくなって行く・・・人間の歴史ってそういう繰り返しなのでしょうね。


IMG_7183.JPG

 スナック感覚で手軽に食べられる美味しい焼き魚「にしん串」。
 提供してくださる飲食店を募集しております!!
 ご連絡は✉fukuhara-n@gol.comまで 「ちょっとにしん串に興味あるんだけど〜」 とか書いてお問合せください。


 世界制覇に向けて絶賛勢力拡大中ッ!!
 にしん串はここで食べられます!!

 ・余市町 居酒屋みやちゃん焼き鳥あーけーじゅ
 ・小樽市 串焼大将もっきり荘俺のジンギスカン堺町通り店 さいとう鮮魚
 ・札幌市 海鮮 炭焼工房 笑〇(えみまる)
posted by (有)マルコウ福原伸幸商店 at 10:54 | 社長日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。