2018年09月29日
Category:通販商品

【温故知新】 身欠きにしん → バクバクシリーズ → 余市流 鰊の肴

 温故知新(故きを温ねて新しきを知る)という言葉が、昨日のブログでいきなり飛び出しました。

 
 私も自分で書いていてびっくりしたのですが、合氣道のことを書いていてそのワードが出て来たということは、おそらく生き方そのものがそういうベクトルなのでしょう。

 福原家の商品構成でその進化の系譜を見て行ってみましょう。


 温故 「本乾身欠きにしん 銀鱗」
 ニシンを三枚おろしにして乾燥させた乾物。
 江戸時代前期より北海道日本海沿岸で獲れたニシン。

 冷蔵・冷凍のないその時代の保存方法は塩漬けや乾燥。

 その卵「カズノコ」は天日乾燥。
 鮮度の良いニシンは三枚おろしで天日乾燥し、本乾身欠きにしん。
 多くのニシンは大鍋で煮て絞られて、土壌改良剤としての肥料に。

 北前船で本州方面に流通し、本州日本海側沿岸部にはその地独特の魚文化があるので、
 乾物として内陸部へ運ばれ、主に本州の山間部で地方食文化として根付いている。
  

 products_ph_item03s.jpg
(販売店:余市町/柿崎商店、小樽市/駅なかマートタルシェ、銭函三央ストア、札幌市/東光ストア など)


 北海道では春先に獲れたニシンを身欠きに干して、そのまま酒のアテとして食べた。


 知新 「うま辛バクバク シリーズ」

 身欠きにしんを酒のアテとして食べた、その「食べ方」を現代風にアレンジ。
 柔らかく、大きな骨はすべて外し、

 「とうがらし醤油」うま辛バクバク
 「燻製ブラックペッパー」うま辛バクバクペッパースター
 「辛くない燻製味」めちゃ旨バクバク

 3種類!!

 products_ph_item07 (2).jpg
(販売店:余市町/柿崎商店、ニッカウヰスキー余市蒸留所 小樽市/駅なかマートタルシェ、古平町/マルハ田中商店、神恵内村/いちき岡田商店、赤井川村/赤井川道の駅、札幌市/フーズバラエティすぎはら など)

 しかし!


 「バクバク」では何だかお客さんに伝わらないよね〜・・・ということで、2段階進化!!
 
 

 知新その2 「余市流 鰊の肴(ジャーキー)」

 余市流(北海道ならでは)の食べ方をオマージュした豪快さ(白銀 一本タイプ)
 
 IMG_8692.JPG
(販売店:余市町/柿崎商店、ラルズマート 小樽市/駅なかマートタルシェ、北一硝子、ラルズマート、など)
 

 余市流の食べ方にバクバクシリーズで経験した食べやすさを加えた(黄金 スティックタイプ)
 
IMG_8693.JPG
(販売店:余市町/柿崎商店、ニッカウヰスキー余市蒸留所 小樽市/北一硝子、朝里クラッセホテル、パシオズ・ウイングベイ小樽店など)
 

 
 身欠きにしんにもさまざまある食べ方の中で、珍味としてそのまま食べるという方向にフォーカスした進化の系譜でした。

 
 こうしてまとめてみると、自分でも改めて面白いものだなぁと思います。







 
 おやおや?
 すべてが揃うお店があるらしいですよ〜・・・(笑)

 →福原家オンラインショップ「ヨイチカラ」
 
posted by (有)マルコウ福原伸幸商店 at 06:00 | 通販商品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。