2019年02月12日
Category:社長日誌

「にしん」発「地方食文化」行き。

 クラウドファンディング。

 それは端的に言うと「やりたいこと」に対してインターネットを通して不特定多数の方々から協賛を募り実現するということ。

 福原商店では2018年12月12日より2019年1月17日まで、

 目的:地方食文化を守るための「製造基地」としての加工設備の充実
 第一目標:2019年3月末までに にしん漬け 1,500s分 の製造ならびに販路の構築
 支援希望金額:100万円


 ということで、協賛をお願いしましたところ

IMG_9786.PNG


 見事に達成し、今まさに加工設備の充実に向けた見積もり取り、図面、移転などを急ピッチで進めております。


 「観測史上最強寒波」なども襲い来る中で、なかなか大変な日々です💦


 ずっと「にしん」の食文化を推進して来た福原家ですから、あらためて「にしん」の食文化を最終製品という形で提案できる商品づくりへと歩を進めると同時に、「漁業、農業、果樹・・・食の可能性を秘めた地域」というまるで「眠れる獅子」のような賞賛じみた皮肉で形容される余市近郊にある可能性を商品化し、皆さんの見えるところで勝負できるところに出して行くというステージに向かいます。

 
 今後とも応援よろしくお願いいたします。


 平成31年2月12日火曜日
 有限会社マルコウ福原伸幸商店
 取締役 福原江太


 IMG_9886.JPG
posted by (有)マルコウ福原伸幸商店 at 17:18 | 社長日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。