2019年09月05日
Category:社長日誌

2019年3月の福原商店。

 長くブログの更新から遠ざかっていたので、各月ごとに何をしたのかを書き留めておこうと思います。

 3月ッ!!

 IMG_0293.JPG

 まずはクラウドファンディングでみなさまからご支援をいただき設備した冷蔵庫を利用し、にしん漬けの安定的な生産が可能になったことにより、長年アイデアを温め続けてきた「にしん漬けキムチ」の製造に着手・製品化をしました。


IMG_0207.JPG

 町内の挑戦的鮮魚店、新岡さんから「津本式究極の血抜き」と「魚の熟成」について会社全体で伝授される。

IMG_0244.JPG

 新たなことをはじめようとすると何かと反動があるもので、この新挑戦に反対のスタッフが離職したりして結構大変(゚Д゚;)(゚Д゚;)(゚Д゚;)

 「熟成にしんの刺身」の製造が開始。


IMG_0446.JPG


 熟成ニシンの刺身のみならず、生の状態から数の子を塩水の濃度を変えながら何度も何度も入れ替えるという昔の手法で血を抜き、製造。
 ネット販売で圧倒的スピードで売り切れる事件が発生。

 
 個人的には
 京都で行われた合氣道の大きな演武会に出席したり、町内でマッスルコンテストに参加したりいろいろと活躍しました。

 IMG_0369.JPG

IMG_0428-2.jpg

 
 そうか。

 どんなに納得してもらったつもりでも、新しいことを始めるということに変化が伴わないことはないのだなぁ。


 と、改めて思い知った3月でした。
posted by (有)マルコウ福原伸幸商店 at 18:35 | 社長日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。