2018年10月15日
Category:社長日誌

突然の出張で見えたこと、思い出したこと

  「このマンションに住んでる人って何人いるんだろう。この人たちに一年に一回ずつ身欠きにしんを食べてもらえたら、ウチらの仕事は十分に成り立って行くのになぁ。」

  もう何年も前に、同業者の大先輩が車窓で呟いたその言葉がずっと胸に刺さっています。

  10月14日日曜の晩に、とある緊急出張で東京にいました。

  羽田空港に夜中に降り立ち、京急線で品川へ品川から山手線で移動する間、深夜なのに十分過ぎるほどの乗客と、窓の外に流れる街明かりをボーッと見つめながら、あの頃の先輩の言葉を思い出していました。

  ・・・いやー、すげー人多いな。


  世の中はスマホ時代が到来。

  以前からは信じられないほど簡単に料理レシピが手に入るようになりました。当然、その中に身欠きにしんの料理もあります。


  しかし、身欠きにしんの消費は伸びません。


  当たり前ですよね。

  世の中に増えたのは「身欠きにしんの料理レシピ」よりも、その他、もっと簡単でお手頃な食べ物のレシピの方が圧倒的に多いのですから。

  それでも私は考えるわけですよ。

  先輩があの時に呟いたことを実現するにはどうしたら良いかと。


   間違いないんですよ、たくさんの人に食べてもらえて始めて私たちは世の中にニシンの、あるいはこの地域の食文化をお届けするという貢献が果たされるのですから。

  欲しいお客様に届いて、お金を頂いて始めて「商品」。
  
  出発がどこからで、到着がどこなのか。

  このシンプルな行程表のようにわそれが分からないと商品もお客さんも、迷子になってしまうんですよね。

  模索しています。


   福原のニシンは世界を変える。
   福原はニシンで世界を変える。


  しかし迷子にもなるし、その先が近いのか遠いかさえ分からない。

  でも、歩くよ。

296C8B02-092E-44B7-9A9A-F0D8130C705C.jpeg
posted by (有)マルコウ福原伸幸商店 at 13:13 | 社長日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2018年09月28日
Category:社長日誌

合氣道について

 私、福原江太は合氣道を始めて6年になり、小樽天心会という道場で道場長を任されております。
 
 ダウンロード.jpg

 合氣道といえば、 ↑こういうの↑ を想起すると思います。

 合氣道の開祖・植芝盛平先生
images.jpg
 
 
 グラップラー刃牙に登場する合氣道の達人・渋川剛気のモデルにもなった
 達人・塩田剛三先生 
images (1).jpg


 だから。

 「小さくても、歳をとっても (≒非力でも)できるんでないの?」

 とか

 「八百長でしょ?」

 とか、思われがちですが・・・


 この爺さんたちは、若い頃からオカシイくらい滅茶苦茶強かった人が鍛錬を重ねながら歳をとったらこうなったということです。※Wikipediaとか検索してみてください。オカシイですからw。非力とは対極にいる人たちです。見かけに騙されちゃいけないッw。


 私も格闘技好きですから始める前は「直線的な相手の力を捌いて流して、関節を極めるんだろうなぁ」とか思ってましたけど・・・。


 いや、全然違うのさ、これが(笑)

 なんで(笑)がつくのかって?

 最初は意味不明すぎて笑ってしまうほどエキサイティングだからですよ、これが。


 
 私はプロレス好き、格闘技好き、相撲好き、そしてラガーマンなのである程度、身体は鍛えて来ました。

 その辺にいる男の人たちよりは筋力はあるし、体力もある方だと思います。

 その180p・100sパワータイプが総合格闘技的な身体の使い方もある程度はできる状態で、入門しました。

 
 まったく、まったく

 思っていたのとは別な感覚でしたよ。

 ある技では手先に技が掛けられているのに、その関節の痛みはほとんど無くて、なぜか自分の背中や後ろ足から畳まれるように床に潰されてました。

 ある技では正面から触れられているのはこちらの手先なのに、なぜか自分の背中側から後ろに引っ張られるような感覚で身体のコントロールを奪われてしまったり。
 
 スポーツとか格闘技とかと違う!
 武道、エキサイティングッッ!!!


 あのですね。

 「氣」

 って言うじゃないですか。


 触れてみても、全く得体が知れない不思議な感覚だから「氣」というよく分からない概念を持ち出してしまう。

 (※実際に中国医療・武術のように「気功」を使うというのがあるのかも知れません。)

 でも、その時に私に起こっていた現象というのは「氣」ではない他の何かであることは分かりました。


 じゃあそれって何なのさ???(笑)


 実際に自分の身体が体感してしまったからには嘘もへったくれも関係ありません。




 それから6年を経て、ありがたくも我が師より我が道場の「初段・黒帯・道場長」を允可された今の私が感じている、たくさんあるであろう回答を2つだけ明確に答えるとしたら

 「然るべき姿勢」「伸筋の連動」ですね。
 
 
 伸筋が上手に使えるようになってくると、相手の伸筋にその力が作用するようになります。

 そして、その力の流れこそが「それって何なのさ???(笑)」の正体になります。


 しかし!

 そんなこと言われてすぐに「あ!そうなんだ。じゃあ俺にもできるね♡」とはならないから稽古があるわけです。


 メジャースポーツの野球で例えれば基本となるバッティングフォームや投球フォームというのがありますが、すべからく選手全員が同じ打ち方や同じ投げ方をしていませんよね。
 基本的なコツがつかめれば各人が能力を発揮しやすいフォームを我流で築き上げて行きますが、それでも目標とする成績を達成できる人たちもいればそうじゃない人たちもいる。


 合氣道も同じです。 

 技の形に細微な決まりはないけれども、本質的に伸筋が作用するための姿勢

 を、探り、つかみ、惑いなく再現できるようになることが必要になります。

 普通の人が注目しない部分をしっかりと見ていないと、師の技を盗む事さえもできないのです。

 

IMG_8726.JPG
 (右から2番目です。「福原さんがやるなら合氣道じゃなく、柔道でしょ」とよく言われますが、源流は同じように日本人が古来より練り上げて来た身体操作による体術です。柔道が競技化することで体術性を削いでスポーツ化して行ったのに対して、我が道場の合氣道には日本的身体操作を伝え残す方向にあるというところが大事です。)


 その力の使い方を中心に、さらには屈筋の動きやポジショニングを掛け合わせた・・・「古武術的動作」というんですけどね。
 そういうのでやってみた結果、相手に作用したすべての技が合氣道の技ということになるんですけど。

 それを「理合い」と呼び、上手くできるようになると一般的に「非力」とされる人たちでも、別の力の使い方を体得すれば「暴力」を制することができるようにはなって行くと思います。
 どちらかと言えば私も一般的に非力と言われる分類にはいないので何とも表現しがたい部分ではありますが、道場に通って来られる女性の技でもしっかりと決まった場合には私も転がされるというのは紛れもない事実です。


 分類したら3,000種類以上もの技があるんですって。
 ぶっちゃけ「動きの中でやってたら何となくそうなったよ〜」って技がほとんどだと思いますよ。
 それに技の名前をつけられても、到底全部なんて覚えきれないですよ。



 私は、だから 合氣ドロップキック とか 合氣ラリアット とか 合氣ブレーンバスター とかを開発したいんですよッッ!!!


 先人たちの知恵を深掘りしつつも新しい時代の合氣運用法を探りたいッ!!


 
 ・・・なんだ、ニシンの食文化に対してやってることと同じじゃないか。

 故きを温ねて新しきを知る。

 そういうことを私はしたいんだな・・・きっと。

 
 故きを温ねて新しきを知ろうとしている福原家のホームページはこちら。
 → 福原さんちのおすそわけ

 
 ああ食べてみたいなと思ってしまったあなたのためにニシンをお届けするサイトはこちら。
 → 福原家オンラインショップ ヨイチカラ


 どうにか機会を作って、ニシン伝導とともに合氣伝導もやって行きたいですね〜♪
 
posted by (有)マルコウ福原伸幸商店 at 06:00 | 社長日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2018年09月27日
Category:社長日誌

台風21号→北海道胆振東部地震→停電と福原家。

 9月4日火曜日深夜〜5日早朝
 台風21号が北海道の西海岸を中心に置きながら北上。

 北海道の建物は基本的に台風に備えてはいないが、直近でいえば2004年に余市も直撃を喰らってかなりの被害を出した経験があり、私たちもしっかりと備えたことと、比較的スピードが速く通過したこととで福原商店の物理的な被害は0でした。

 9月6日木曜日 午前3時8分。
 
 私はその時間すでに出社していて札幌市場に向かうために資料の準備をしていました。
 
 事務所、結構揺れましたよ。余市町は震度4でした。
 モノが落ちたりしなかったこともあり「あぁ、結構揺れましたよね〜」という感じで、札幌に向かう同業者のトラックの助手席に乗せてもらい、しばらく進んだ辺りで街頭・信号機・トンネルのライトが消えました。

 「あぁ、停電ですね〜、さっきの地震ですかね」

 真っ暗闇の国道5号線、沿道のコンビニは非常電源なのか薄暗い中で営業している模様。
 高速道路のETCは通常通りに通過可能、札幌市街に入ると薄暗いコンビニにすでに人が集まって来ていました。

 真っ暗な市場。
 IMG_8750.JPG

 
 結構重要な資料だったのだけれども、担当者もそれどころじゃないのでとりあえず早々に立ち去って余市に戻って来ましたが停電中。

 
 信号機が消えている様子。
IMG_8774.JPG



 さて。その日の業務。
 いつもはパソコン前に座ってあーでもないこーでもないと考える色んなことを、紙に書き出しながら電気無しできることを終えたスタッフたちと一緒に考えることにしました。
 
 うん。停電を機になかなか良い情報共有ができたこともあり、それ以上何もすることが無い状況になったので午前中で仕事を切り上げました。

 前日の台風への備えをまだ解いていなかったこともあり地震そのものの被害は0。
 偶然にも加工場も原料解凍をしていなかった日だったので、廃棄ロス等も0。

 あとは「どこまで停電が長引くかな」といったところが関心事となっていました。

 停電中とはいえとても素晴らしい晴天。
 早朝にスマホ・SNSを通して臨時休校を伝えられた子どもたちと一緒に、どうしてもその日に行かねばならない配達もあったので、信号機が点いていない昼間の世界に出かけました。

 
 帰りにちょっと寄り道をして、部活やら何やらで忙しくなってしまい久しぶりに全員集合した家族でブランコ。 
IMG_8779.JPG 
 

 余市では高台にある家などを除いて、上下水道は断水しなかったので生活へのダメージは少なくて済み、停電は9月6日の午後11時58分に復旧しました。
 

 台風に備えて準備しておいた懐中電灯やランタンがやたらと役に立ったこと。
 土鍋で炊いた飯が美味かったこと。
 家族全員が揃ったので、8月の天候不順で遅くなっていた墓参りに行けたこと。
 9月初旬でも水風呂ではかなり寒いこと。
 
 停電の真っ暗闇の中、新月の星空がそれはそれはもうとてつもなく美しかったこと。


 もっと星に近づきたくて調子に乗って山の方に車で出かけて、釘踏んでパンクしたこと(笑)

 
 天災週間で実害といえば、人災であるパンクのみ・・・でした。

IMG_8771.JPG


 余市は・・・福原は、元気です!
 
posted by (有)マルコウ福原伸幸商店 at 09:56 | 社長日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする