2017年11月25日
Category:社長日誌

北海道フェアin代々木「進撃のにしん2017」準備と結果まとめ C 〜次には勝利を得るために〜

 前回、代々木でのイベントでの収支について

 結果:収支はほぼトントンで、ちょっと赤字でした。

 と、書きました。

 では、なぜそうなったのか?
 どうであればもう少し売り上げが上がったのか?

 ということについて今回は書いておきたいと思います。

 IMG_5233-2.jpg

 ●なぜ「ちょい赤字が出たのか」?
 
 上の画像から少し見切れていますが、今回私たちが東京に持っていた商品・保存方法・理由です。

 

 ・うま辛バクバク・・・常温可・3種類の珍味提案をしたかった。
 ・うま辛バクバク ペッパースター・・・常温可・同上
 ・めちゃ旨バクバク・・・常温可・ローカルフードチャレンジで受賞した。 
 ・こだわり糠にしん・・・冷凍・にしんの歴史を伝えたかった
 ・にしんの切りこみ・・・冷凍・余市の保存食を伝えたかった
 ・ソフト身欠きにしん・・・冷凍・にしんの歴史と手軽さを届けたかった


 理由@ 「純粋に利益を上げるための作戦ではなかった。」

 「ローカルフードチャレンジを勝ち抜いた商品を東京に伝えに行く」という本来の中心部から

 「ニシンの食文化を東京にアピールしに行く」
 「ニシン漁で栄えた余市町の歴史も」
 「ニシンという魚はどんな魚なのか伝える?」

 物語を伝えたい・・・
IMG_5100.JPG

 と、いろんなことを欲深く考えるようになりました。

 つまり、

 粋に利益を上げるための態勢 から離れてしまったと、考えられます。

 理由A 商品の数を絞り切れていなかった

 ニシンの食文化を伝えたいあまりにあれもこれもと持って行き過ぎた結果、すべての商品をお客さんに説明するために相当な時間を要することになりました。

 例えばバクバクシリーズを3種類、試食で味比べということであればさほどの時間を要さないのですが、この他のものが「どんな製法、こだわり、レシピ」を説明するとなると、大変商売としての効率が良くなくなるという現象が起こりました。

 理由B 冷凍品は売れない

 気温が30℃にもなろうという中で、予備知識がない冷凍の食品を保冷バッグにいれたとしても持ち帰るという気持ちにはなかなかならないですよね。
 
 まして買ったその場でいろいろ食べたり飲んだりしながら楽しむタイプのイベントでしたので、その場で食べられない、調理が必要なものは、本当にそれを求めて来てくれるお客さん以外にはそうそう売れるものではありません。

 
 ●では、どうであればもう少し売り上げが上がったのか?

 バクバクシリーズ3種類だけでアタックすれば、恐らくは利益が上がったであろうと推察します。
IMG_5080-2.jpg
 
 理由は
 ・冷凍保存用のストッカーのレンタル台数を減らすことができた
 ・常温輸送できるので送料を割安にできた
 ・お釣りの計算等がとても楽にできた
 ・お客さんへの商品説明が少なくて済んだ
 ・売れ残りの送り返し荷物に関しても常温輸送なので送料が割安にできた
 ・冷凍品は店頭に商品のサンプルとして並べた分が廃棄ロスになったが、それも抑えられた
 ・他の商品よりも試食を出しやすい 

 以上の観点から経費(かかるお金)の面でも、販売の面でもあらゆる意味で「軽く」商売することができたのではないだろうかと思います。

 
 ・・・面白いなぁと感じます。


 私たちのチャレンジブースの出展商品が決定したのが8月末の小樽でのローカルフードチャレンジだったので、入稿になど到底間に合うはずもなく代々木のイベントのパンフレットに載っていなかったり、出店料が無料になる代わりに店舗位置が人通りが少なくなる奥地であった等の、自分たちの努力が及ばない「外的な要因」もありました。

 ネットでちょっと出て来る画像と、配布された資料以外ではまったく未知の超巨大モンスターイベントに『福原商店らしさ』を突き立てに行くに当たって立てた作戦とその遂行結果は、商売的な部分でいえば

 ちょっと赤字で済んだ 

 という表現をすることが、今回は良いのだろうと思います。

 【教訓】
 ・(ニシンの加工品を受け継いで広げようとしている)マルコウ福原伸幸商店という存在をお客さんに知ってもらう

 ・イベント単体として黒字を目指す
 
 
 の両立はけっこう難しいので

 イベントではたくさん売れる物に集中して、マルコウ福原伸幸商店という存在や地域性や歴史を紐づけして行く のが良いのではないか?

 つまり、物語を順序立てるということも必要だよね?ってことです。

 というのが、今回の結論です。


 北海道物産展とかはまたお客さんの来場目的も違うでしょうけれど、とにかく、でっかい相手とぶつかって生きて還って来たのだから、また立ち上がって次に向かいます。


 さて!!

 次はツ!!!!


 なんだァァ!!!

IMG_6836.JPG

 ※次回へつづく
posted by (有)マルコウ福原伸幸商店 at 17:31 | 社長日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする