2020年03月18日
Category:製造過程・つれづれ

余市産にしん究極血抜き版、切りこみ

5D2A74BA-36BC-4022-B9F4-5E1D94ED9DAF.jpeg
 コロナウイルス騒動でたいへんな世の中ですが、今年も余市では順調にニシンが獲れております。

4BDEC792-FF39-4F14-8F84-F76FF8911BF0.jpeg
 今年は究極の血抜きという技も併用し、生臭さの原因となる部位を徹底的に徹底的に除去します。

DAB6E2E4-396A-4438-A1E5-AB6AE322ECF4.jpeg

圧倒的に圧倒的な量の塩で一度漬けます。
浸透圧で細胞液を搾り出します。

そして塩気を完全無欠に抜き去るために完全無欠に流水で塩抜きしまくります。

D0FFDB0A-C5DB-449B-80DC-4C5C816DD5D5.jpeg

そうして漬け込む
余市産圧倒的究極血抜き版完全無凍結のにしん切りこみ。

ただいまじっくり熟成中!!!

2020年4月8日ころ、完成予定。
posted by (有)マルコウ福原伸幸商店 at 21:44 | 製造過程・つれづれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。