2019年12月12日
Category:社長日誌

余市流にしん漬け お取り扱い店舗一覧

 ✨「余市 にしん漬け」などで検索してくださったみなさま、ありがとうございます。


 弊社では2019年12月現在、年末に向けてにしん漬け製造の最盛期を迎えております。

 製造に集中するため、弊社では直接販売をしておりません。

 大変申し訳ございませんが取扱い販売先さまもしくは弊社のオンラインショップまでお問合せ、ご注文を頂ければ幸いです。

IMG_9268.JPG


==============================================================

 【余市町内取扱い店舗】

 ・かねしち精肉店 〒046-0003 北海道余市郡余市町黒川町4丁目105  0135-22-3814
  歴史あるお肉屋さんですが改装された店内はとても明るく、店員さんはフレンドリーで買い物しやすいです。

 ・木村ストアー 〒046-0022 北海道余市郡余市町沢町3丁目29  0135-22-5685
  地域の人たちの笑顔があつまる昭和レトロな総菜屋さんです。

 ・柿崎商店 〒046-0003 北海道余市郡余市町黒川町7丁目25 0135-22-3354 発送してくれます
  余市駅前の鮮魚店と海鮮食堂が一体化した、観光のお客様にはとても有名なお店です。
 
 ・鶴亀温泉 〒046-0001 北海道余市郡余市町栄町22−1 0135-22-1126
  国道5号線沿いにある源泉かけ流しの温泉でまったりして、おみやげににしん漬けをどうぞ。


========================================================

 【小樽市内取扱い店舗】
 ・駅なかマート「タルシェ」 小樽市稲穂2丁目JR小樽駅構内 0134-31-1111
 小樽駅構内にある地域特産品のアンテナショップ。きれいな店内には優しい笑顔の店員さんたちがお待ちしております。


========================================================

【札幌市内取扱い店舗】

 ・フーズバラエティすぎはら 〒064-0951 札幌市中央区宮の森1条9丁目3-13 TEL 0120-202447(フリーダイヤル) FAX 011-641-4585
 現在、札幌市内で唯一福原商店の商品を継続的に購入できるミラクルスーパー。その名の通り全国津々浦々のバラエティ豊かなこだわり商品が一堂に会した面白いスーパーです。

 
 :余市流にしん漬けを味わえる居酒屋:
 海鮮 炭焼厨房 笑まる  〒060-0054 北海道札幌市中央区南4条西4丁目4 中央区 松岡ビル 011-281-0355
 何を食べてもめちゃくちゃ美味しい居酒屋さんに福原商店のにしん漬けやにしん串が認められて置いていただけているのはとてもうれしいことです!
 


========================================================

【仁木町内取扱い店舗】

 ・きのこ王国 仁木店  余市郡仁木町大江1丁目930  0135-31-2222
 国道5号線沿い仁木町のスキー場に近接する大きな店舗。あずましく買い物ができます。


========================================================

 【オンラインショップ】

 → 福原商店オンラインショップ 「ヨイチカラ

  
 → HBC北海道発信ショップ
 

 →ippin



========================================================


 どうぞよろしくお願いいたします。
posted by (有)マルコウ福原伸幸商店 at 15:46 | 社長日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2019年09月05日
Category:社長日誌

2019年6月の福原商店。

 6月ッッ

 IMG_1363.JPG


 国際宇宙珍味センター第一期隊員たちへ国際宇宙珍味センタースーツの授与が行われ、その勢いで札幌地下歩行空間でのイベントに国際宇宙珍味センターが堂々の進出・・・いやいや、福原商店が進出したんですけども中身がもう「国際宇宙珍味センター」


IMG_1386.JPG


 あれやこれやとブレまくっていた3月以降の商品開発から少し落ち着いて、元来の「にしん」へと少し回帰してくる。

 その名も「やわらかにしんジャーキー」

IMG_1406.JPG


 温度・湿度の調整と研究の末に何度も失敗しながらたどり着いた噛み切りやすいやわらかさ!!


 これまでの「バクバクシリーズ」や「余市流シリーズ」とは異なる次元のやわらか食感を実現!!

 
 これぞまさに超珍味と呼ぶに相応しい!!相応しすぎる!!!


 大興奮でミナクルの日を迎えたが・・・

IMG_1407.JPG


 6月16日 日曜日 荒天(強風)のため、ミナクル開催中止ッ!!!


 ううむ。


 この中止によって「やわらかにしんジャーキー」をどうやって販売するかについて思案を巡らせることになる。


 この試練から得た物は実はその後とても大きな糧となって福原商店へと帰って来ることになる・・・であろう・・・



 仕事以外の活躍。
 6月は余市神社例大祭でお神輿担ぎ。

IMG_1435.JPG


 ミナクルつながりで知り合った陶芸家・馬渡新平さんの工房を訪問し、散々悪だくみをした図。
 IMG_1467.JPG
posted by (有)マルコウ福原伸幸商店 at 20:09 | 社長日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Category:社長日誌

2019年5月の福原商店。

 5月初旬。

 超絶長いゴールデンウィーク中に「平成」から「令和」へと元号がチェンジ。

 時おりしも、海は小女子(こうなご)、ワカメ。

 IMG_0828.JPGIMG_0937.JPG


 迷走を続けた末に農家の砂川隊員とともに山籠もりでギョウジャニンニク採取。

IMG_0856.JPG



 もはや海へ山へとブレまくりの福原。

 ああ迷走の福原よお前はどこへ飛んでいく・・・

 しかし!!

 迷走にひとつの答えが突如として提示される


 その名は


 「国際宇宙珍味センター」


 IMG_0924.JPG



 5月初旬のイベント時、その場のノリで突然誕生した

 国際宇宙珍味センター


 IMG_0916.JPG


 この男・ミハラ=ノリカズとフクハ=ラ=コータは、昭和50年ウサギ年・山羊座・AB型。

 1月生まれのミハラさんと12月生まれのフクハ=ラが一緒にいると何かが生まれてしまわざるを得ないッッ!!

 それが

 国際宇宙珍味センター



 国際宇宙珍味センターは家庭に隠れてしまっている地域の味や、既存の珍味を食べやすく工夫することで「超珍味」へとバージョンアップさせ、宇宙を制する多国籍の超珍味戦隊なのだッ!!!


 IMG_0960.JPG


 ひとつの基軸となり得る概念が登場したことでその後の活動が少し、ブレが収まって行く(気がする)


 IMG_0991-2.jpg


 そして国際宇宙珍味センターというゴロの良さがなぜか反響を呼び、

 国際宇宙珍味センタースーツ制作を呼び掛けたところ・・・

 なんと2019年9月5日現在、国際宇宙珍味センター員は24名にもなっているのだ・・・いーのか、おまいら・・・

IMG_1038.JPG


 おまけ。
 ワラビのあく抜きを失敗し、とても渋い状況になったときの画像

IMG_0912.JPG
posted by (有)マルコウ福原伸幸商店 at 19:42 | 社長日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする